Blog
Sep 26, 2018

テヅルに隠れるスズメダイ@坊津

ちょい深場のテヅルモヅルに身を寄せていた
小さなスズメダイを見つけました。

ナミスズメダイの若魚

一見するとヤマブキスズメダイかなと思ったのですが,
何かちょっと違う。
調べてみると,同じクラカオスズメダイの仲間でした。

Posted in ダイビング, 坊津(鹿児島)Comments Closed 

 

Sep 25, 2018

可愛さ余って憎さ百倍@坊津

浅場の岩場を見慣れぬ魚が泳いでいました。


体長10cmほど,まだあどけなさが残る幼魚から若魚といった感じです。
口元から尾鰭にかけて一直線につながる太い黄色帯が特徴的で,
目立ってしょうがありません。

体つき顔つきの特徴からフエダイの仲間ではないかと
目星をつけて図鑑を調べてみると,
わかりました。

イソフエフキ。

沖縄では庶民の食用魚として親しまれているそうです。
ですが,坊津では小さい生き物たちをバクッと食べてしまう厄介者。

B-POINTのりっちゃんが,
「かわいいと思ってたけど,正体が分かったら急に憎らしく見えてきた。」
と言ってました。

可愛さ余って憎さ百倍

Posted in ダイビング, 坊津(鹿児島)Comments Closed 

 

Sep 21, 2018

待ちかねた繁殖の気配@坊津

ヤシャハゼやヒレナガネジリンボウ,ホタテツノハゼなど
共生ハゼたちが目白押しのポイントを教えてもらい,
さあハゼ三昧に浸ろうといざ海底に降り立った瞬間,
岩陰にいた鼻っ面が黄色いベラが目に入りました。

クレナイイトヒキベラの若魚(雌?)

おや珍しいと,しばらく追いかけていると,
その近くでやけに動きの激しいベラが泳ぎ回っています。

!!!

クジャクベラ(ピンクフラッシャー)

坊津ではこれまでにも,
幼魚や小さな雄の姿をちらほらと見かけることはあったのですが,
しっかりとした雄の様相を表す個体を見たのは初めてです。

同じような雄が3匹ほど競り合いながら泳いでいたので,
立派に繁殖しているのではないかと思われます。

この辺りにはそろそろコロニーができそうだなとにらんでいたのですが,
ついにその兆しを写真に収めることができました。
嬉しい発見です。

興奮のあまり
本来のお目当てのハゼたちのことを
すっかりほったらかしにしたまま
タイムアップを迎えてしまいました。

秋の坊津、時間が足りない。

Posted in ダイビング, 坊津(鹿児島)Comments Closed 

 

Sep 21, 2018

砂地に実るハゼ豊作@坊津

およそ2か月ぶりに坊津です。
7月に訪れたときにはまだまだ水温が低くて
ハゼの出がいまいちでしたが,
今回は元気いっぱいに飛びまわっていました。

ヤシャハゼのペア


少し前まではヒレナガネジリンボウと同居していたそうですが,
凶暴に噛みつき攻撃をして無理矢理追い出してしまったとのこと。

若いころまではうまくいってたシェアハウスも
成長が進むにつれてついに破綻してしまったのでしょう。
ハゼの世界にも大人の事情ってのがあるのでしょうか。

幸いなことにヒレナガネジリンボウの方も
無事新しい穴を見つけられたようです。

Posted in ダイビング, 坊津(鹿児島)Comments Closed 

 

Sep 7, 2018

ただものだもの@柏島

ヒトデをひっくり返せば大抵見つかる
ごくごく普通種ですが,
宿主のヒトデの色合いや突起の塩梅によって,
俄然いい被写体になってくれます。

ヒトデヤドリエビ

ただものだものと素通りするのは早計。

たかがただもの
されどただもの

Posted in ダイビング, 柏島(高知)Comments Closed 

 

Sep 6, 2018

表紙を飾る者@柏島

この風貌,このシチュエーション,
とっても見覚えのあるエビ。
いつも頼りにしている図鑑を手に取ると,
すぐそこに答えが。

ワライヤドリエビ

堂々「サンゴ礁のエビハンドブック」(峯水亮・著)の表紙を飾っています。
なんとまあそっくりのシチュエーション。
表紙の個体よりも幾分ほっそりとしています。
雌雄または成長の違いでしょうか?

そしてそして,和名索引のトリも飾っている。

ワライヤドリエビに始まりワライヤドリエビに終わる。

Posted in ダイビング, 柏島(高知)Comments Closed 

 

Aug 30, 2018

助けが必要@柏島

自力で撮るとなると,かなりハードルが高い。
ガイドのメグさんにがっつりサポートしていただきました。

テヅルモヅルエビ

脱力してるとこ

 

Aug 23, 2018

強そう,だが小さい@柏島

初見のエビです。

サンゴヒメエビ


体に対して不釣り合いな程ハサミ脚が大きくて
いかにも屈強そうな風貌だけど,
いかんせんとても小さい。

右体側が奇妙にふくれているのが気になります。
抱卵なのかな?
いや寄生虫かな?

写真だけではよくわからない。

Posted in ダイビング, 柏島(高知)Comments Closed 

 

Aug 22, 2018

キラリ☆アイメイク@柏島

この眼で見つめられたら
素通りすることは絶対不可能。

ヒメニラミベニハゼ

銀色アイメイクに釘付け。

ふわり跳んだ。

だいたいいつも着底しているので
見つけやすくて撮りやすい。
ただし,砂バックになりやすいのが難点。
この時はちょっとだけ背景が綺麗に見えました。

 

Aug 20, 2018

入れてください,入れません@柏島

砂地には,ルーキーのちびっこハゼたちの姿がチラホラ。
中には未だ自分の住まいを決められず,
お困りの様子を見せるものも。

速い潮の流れを必死にこらえながら,
近くにあった物件にルームシェアをお願いしています。

ルーキーヒレナガネジリンボウとネジリンボウ

しかし,先客のベテランハゼは容赦なくお断り。
あっち行け!と激しく追い払います。

入れてくださーい!!

入れません。

 

Aug 19, 2018

星の王子様@柏島

浅場で被写体を探してうろうろしていると,
ガイドのメグさんが,小さな白いウミウシを見つけて
石っころの上にのっけてくれました。

シロイバラウミウシ

小さな星の上をイメージして
石の縁が円弧になるような方向から
背景を黒抜きで撮影しました。

Posted in ダイビング, 柏島(高知)Comments Closed 

 

Aug 18, 2018

撮るの難しい@柏島

どこせんアイドルメンバーの一員です。

クダヤギクモエビ

最近はなかなか目にすることがありませんでした。
クダヤギの中に隠れている上に
ハサミ脚が長くて,非常に撮りにくい。

初めて潜った坊津で紹介してもらって以来
ずっとアイドル級なのですが,
未だに美しく撮れたことがないという。

クダヤギクモエビを美しく撮るは永遠の課題なのかも。

Posted in ダイビング, 柏島(高知)Comments Closed 

 

1 2 3 4 5 6 7 27