Aug 5, 2022

2022夏・柏島でダイビングVol.3

スジクロユリハゼ

柏島のスジクロユリハゼはヒレ全開で寄りやすい個体が多いのですが,
それゆえにどの写真も似通ったものになりがち。
ストロボに反応したのか,くにゃっと身をよじらせた瞬間の写真を選んでみました。

クジャクベラ

この日は元気一杯ヒレ全開で,
長い時間メスの周りでアピールしながら泳ぎ回っていました。

ナガシメベニハゼ

岩壁に2匹のナガシメベニハゼ。
じっとしていた1匹に的を絞っていると,
もう一匹が「一緒に写して!」とばかりに割り込んできました。
上下に重なった一瞬をとらえることができました。

ヤマブキベラ

イナズマヒカリイシモチ口内保育中

まだくわえたてかな?

サンゴトラギス

ガレをめくっていたら出てきました。
姿からしてトラギスの仲間というのはわかったのですが,,
体は赤いし,妙に逃げ隠れするので珍しい種類なのかと思い,
しつこく追いかけながら撮りました。

アオサハギyg

絵になるソフトコーラルの周りでチョロチョロ泳ぎ回ってくれました。

アオサハギ極チビ

こちらは全長2mmくらいの極チビ個体。
ピント合わせるだけで精一杯です。

ガラスハゼの仲間?

イレズミハゼ

小さな穴の中にペアで棲んでいますが,
2匹同時にとらえることはできませんでした。


別カット

ハチジョウタツ

恥ずかしがり屋の代表格。
なかなかこっちをむいてくれません。

ツノザヤウミウシ

ジュンくんが見つけてくれました。
体長2mm弱。私にはファインダー越しにしか確認不可。


背景に成体の個体が見えています。

ヒメイカ

こちらもジュンくんが見つけてくれました。

今回の柏島ツアーも楽しく充実したものになりました。

SEAZOOのみなさん,お世話になりました。

関連記事

Comment





Comment