Aug 7, 2021

2021真夏の坊津

=======================================
画像をクリックすると同ウインドウで拡大表示されます。
戻るボタンで戻ってください。
=======================================

連日の猛暑。
昼間に外を出歩いていると,
冗談抜きに命の危険を感じます。
その昔,小笠原で味わった押しつぶされそうになる太陽の圧を
日常で感じてしまう怖さ。

つかの間の癒しを求めて坊津の海中世界へ

ラオメネス・コルヌトゥス?

ラオメネス・コルヌトゥス? 

体の大きさ(太さ)からして上の個体がオスで,下がメスでは?

ニシキフウライウオのペア

台風でいなくなってしまうであろう,よくあるパターン。

イナズマヒカリイシモチの若魚

いつもより深いところのテヅルモズルに2匹いました。
水温がかなり高めだったからかもしれません。

ナガハナダイの幼魚

碧眼と長めの尾びれがチャームポイント

ミスジスズメダイの幼魚

深場の砂地に単独でいました。

クジャクベラ

今年も例年と同じエリアで目撃。
ピントが甘い。

ベニヒレイトヒキベラの幼魚

どこに成魚が潜んでいるのでしょうか?
いつになったら見られるのやら。

ハリオイトヒキベラ(ピンテール)?の幼魚

奥様お手柄の今回の目玉。


ツキノワに似ているのですが,どうもハリオイトヒキベラのようです。

あとは浅場でまったりと。

ベニワモンヤドカリ

ニラミギンポの幼魚その1

ニラミギンポの幼魚その2

口をあけてよだれを垂らしています。

ニラミギンポの幼魚その3

パクッと食いつきました。

イソハゼの仲間

コケギンポ

珍しく体が丸出しでした。

やっぱり海の中は最高。
よきかな坊津。

0
Posted in ダイビング, 坊津(鹿児島)Comments Closed 

関連記事