Mar 30, 2021

2021・春・DIVE@坊津

2021年になって早々,我が街福岡にも緊急事態宣言が出され,
再び思うように身動き取れない日々が続きました。

ただでさえ「行く,逃げる,去る」がごとく,
駆け足で過ぎて行くこの季節ですが,
今年は殊更急ぎ足のような気がします。

振り返れば,なんだかんだと目まぐるしい1年でした。
「1年前に時を戻してもう一度やり直せたら・・・」
と唇を噛む人は少なくないのではと思います。

なんとかかんとか生活できて,
たまにダイビングもできてるならば,
幸いなうちなのかもしれません。

2021年のダイビングは坊津からスタートです。

キタマクラ

婚姻色のようですが,単独でした。お相手は何処?

イシヨウジ

こちらも単独。ペアとはぐれたようです。

フタイロハナゴイ(yg)

ベニハゼサイズのちびっこです。いささか甲高なのが幼さを際立たせます。

アカシマシラヒゲエビ

白い足が目立ちます。ダイビングを始めた頃によく撮影していたような気がします。

オキノスジエビ

坊津・網代の定番です。

クリアクリーナーシュリンプ


それほどレアではないのに,なかなか和名がつかないのはなぜでしょう?もうついたのかな?

キツネベラ(yg)

どこせんのアイドル的存在。
トレードマークの黒パンツが黒スカートのようになってます。
それはそれで可愛い。

カシワハナダイ(婚姻色)

お相手を間違ってますね。

ミギマキ(yg)

ミギマキとタカノハダイがいつもニアミスするんで,いつかツーショットで撮りたいと狙っています。

0

関連記事

Comment





Comment