Sep 26, 2016

6年ぶりの青海島

久しぶりに訪れるダイビングスポットが続きます。

青海島でのダイビングも6年ぶり,
といってもまだ3回目なんですけど。

今回潜った時は台風の影響で船越側が少し荒れていたため,
船越の玉砂利が苦手な私たちは,
こちらでのエントリーを早々にあきらめて,
初めて紫津浦に潜ることにしました。

紫津浦はずるずると-20mまで砂泥が続くポイントです。

−15mでスナギンチャクの周りに砂泥忍者が集まっていました。

ビイドロカクレエビ
_dst8201

私たちが近づくとふわふわわらわらと散らばってしまい,
スナギンチャクバックで撮りたくてもうまくいかず。
_dsr7081
かろうじて撮れたのもこんな感じで撃沈しました。

そのすぐ横にミジンベニハゼのペアを発見。

こんな感じで2つくっついた貝殻に,
広々2Kルーム状態で優雅な暮らしをしていました。
_dst8208

左側の貝殻の内壁には産みたてらしき卵がついています。
_dst8210
背ビレの向こう側です。

もう1匹の方は,産卵間近らしく,お腹をパンパンにふくらませていました。
_dst8259
大きなお腹で食欲旺盛です。

正面から見ると,顔とお腹の大きさが一緒!!
_dst8250
まるで別の生き物のようです。

戻り際に見つけた
ヒカリウミウシ
_dsr7163
二次鰓が噴水のように立ち上がっていかしてます。

浅場の岩場にはチャガラのこじんまりした群れが居ました。
_dsr7166
最近志賀島で潜れていないので,チャガラも久しぶりに見ました。

紫津浦での初めてのダイビングは,
予想をはるかに上回って,とても面白かったです。

0

関連記事

Comment





Comment