Aug 23, 2017

砂泥域の生活者@糸島某所

今回潜った場所は,
常に微細な泥が舞っているような状態で,
被写体から50cmも離れると,
うっすらともやがかかったようになってしまいます。
ストロボ光も乱反射するような感じで,
画面全体が白っぽくぼやけます。

おせじにも綺麗な海とは言えませんが,
そんな中でも様々な生物の姿が見られました。

アカオビシマハゼ

シモフリシマハゼ

どちらかというと,シモフリシマハゼの方を多く目にしました。

アサヒアナハゼ

精悍な顔つきをしています。
待ち伏せ型の特徴なのか,
少々突っついたぐらいでは微動だにしません。

キンセンウミウシ

キクゾノウミウシと生体的には差異がないのだとか。

ヒカリウミウシ

0

関連記事

Comment





Comment