Jun 11, 2014

彷徨うガラス細工@辰ノ口

かつて,探しても探しても見つけきれず,
本当に居るのかとさえ勘ぐってしまった,
ビイドロカクレエビ。

出会いの経緯は過去のブログを参照ください。
→「辰ノ口特産 ビイドロカクレエビ

今となっては,行くところに行けば,
100%見つけられる,というか,
あっちにもこっちにもやたらといるので,
探す必要もないということがわかりました。

ただし,簡単に見つかるということと,
簡単に撮影できるということは
等しいわけではありません。

ビイドロカクレエビはホストへの依存度が少ないので,
フラフラフラフラと彷徨い,漂います。
じっとしてくれない上に,背景が砂地になってしまうので,
せっかくの美しい姿を引き立てるような撮り方をするのが,
とっても難しいのです。

・・・と,長い前置きで懸命にハードルを下げました。

ビイドロカクレエビ

_DST3836
NIKON D7000-105.0 mm f/2.8 /露光量1/125 秒 (f / 16) / ISO 100

夏から秋にかけて,卵を抱えたメスが増えてくるのですが,
抱卵中の個体は遊泳脚に卵を付着させているので,
あまり動き回れなくなるらしい。
そういえば,以前,ウミエラにとまって
じっとしていた個体も抱卵中のメスでした。
ホストを絡めた写真を求めるなら
抱卵中のメスを狙うべし。

しかしながら,抱卵中の個体は生態観察的には○だけど,
繊細なガラス細工の特徴を際立たせるなら
卵をもっていない個体の方が断然いい。

うーん,やっぱり思うようにはいかないものだ。

関連記事

コメント2件

 moguritaoshi | 2014.06.13 7:41

はははぁ。。 笑 確かにバックに鮮やかなホストが
あれば!  と思っちゃいますね!

でも透明感満載ですよ~♪

 どこせん | 2014.06.15 23:09

moguritaoshiさんへ
ありがとうございます。
いつか会心のショットが得られるように,
これからも通い続け,撮り続けます。

Comment





Comment