Jul 3, 2017

夢で潜れたら@どこか

思うように潜りにいけない日々が続く時,
せめて夢の中で潜ることができたなら,
鬱積した気分もいくばくかは晴れることでしょう。

しかし悲しきかな,なぜか夢の中では潜れないことが多いのです。
しかも不思議なことに,夫婦そろって似たような夢を見るのです。

予定したメンバーがなかなかそろわないとか,
自分の器材だけがどこにも見当たらないとか,
突然ボートのエンジンが故障したとか,
カメラのセッティングが終わらないとか,
何かしらの障壁が生じて,
いつまでたっても潜り始められず,
結局そのままそのうち目が覚めてしまうのです。
なんて意地の悪い夢。

幸いなことに,現実にはそのようなことはありませんでした・・・
・・・これまでは。

そう,そんな悪夢のような出来事が,
ついに現実になってしまったのです。

初めての玄界灘ボートダイビングの予定が,
突然のボートトラブルでやむなく中止との連絡が入り,
急遽貸していただいたタンクでビーチダイブをしようとしたところ,
潜る直前になってまさかまさかの空タンク発覚。
タンクを交換しに舞い戻って一思案。
志賀島はトライアスロン開催で交通規制中,
その影響で恐らく近郊のショップは恋の浦へ大集結に違いない。
完全に出遅れ状態の今から移動して潜るとなると・・・
考えた挙げ句決定した行き先は,
紫津浦でした。

現地到着したのは12時をとうに過ぎたころ。
現着から潜水開始までの時間は,
恐らくどこせん史上最短記録。
ここでカメラ水没なんてことになったら
それこそ目も当てられません。
大丈夫。浸水してない。
目も覚めない。
やっと,やっと,潜れました。

この日エントリーして最初の1枚。

イソギンチャクのチビ


アマモにつかまっているところを真横から。

まるで綱渡りみたい。
この日のうちみたい。

0
Posted in ダイビング, 紫津浦(山口/青海島)Comments Closed 

関連記事