Jul 5, 2017

ハオコゼラッシュ@紫津浦

悪夢のような現実の話の続き。

タンクは4本準備していただいていたのですが,
ダイビング予定地がごく浅いポイントだったので,
ひとり1本ずつでいいか,
と2本だけ車に積んで出発したわけです。
そして,見事にその2本が空タンクで,
残してきた2本のタンクは満タンクだった次第。

奥様からは,貧乏くじ野郎と散々罵られました。

持った感じ,確かに重さの違いを感じたのですが,
いつもパンパンに入れておいてくださるタンクなので,
まさか軽い方が空タンクだとは微塵も疑わず,
またまた,こっちのタンクはすっげーパンパンに入ってるよ,
でもそんなに深くないし,こっちで十分。
なんて思っていたわけです。

タンク借りたらまずは残圧&Oリングチェック。
これ基本中の基本ですね。
いまだにこんなことでミスってます。

ハオコゼ

でっかい奴


ちっさい奴


正面顔はやはりぴょこたん(アゴヒゲオコゼ)そっくりです。

0
Posted in ダイビング, 紫津浦(山口/青海島)Comments Closed 

関連記事