Jun 21, 2014

この度のウミウシたち@辰ノ口

今回見かけたウミウシたち(抜粋)です。

 

ヒラミルミドリガイのチビ

ヒラミルミドリガイ


NIKON D7000-105.0 mm f/2.8 / 露光量1/125 秒 (f / 13) / ISO 100

周りにワレカラの子どもたちがひしめき合っていてなんとも居心地が悪そう。

 

キヌハダモドキ

キヌハダモドキ

NIKON D7000-105.0 mm f/2.8 / 露光量1/125 秒 (f / 13) / ISO 100

砂地をけっこうなスピードでぐるぐると這い回っていました。
同属や同種を食べる肉食ウミウシですから,獲物を探し求めていたのでしょう。

 

ユビノウハナガサウミウシ

ユビノウハナガサウミウシ


NIKON D7000-105.0 mm f/2.8 / 露光量1/125 秒 (f /4.5) / ISO 100

近くにユビノウトサカはなく,岩肌にくっついていました。
背中の側面から枝状に伸びる突起が造形的に面白くて,
よく写真に撮るのですが,毎回今ひとつ納得のいく写りになりません。

上の写真は奥様が正面から開放気味に撮影したものです。
なるほどあえて細部をぼかすことで,こんなにいい雰囲気に仕上るのか。

奥様は「メルヘ〜ン」と言って喜んでいました。

0
Posted in ダイビング, 辰ノ口(長崎)Comments Closed 

関連記事