May 21, 2018

おいどんは薩摩藩士でごわす@錦江湾

「錦江湾に行きたい。」
と,どこせん奥様が申しました。

急いで鹿児島市内のホテルを予約して,
タンクレンタルを申し込んで,
カメラと器材の準備をして,
早起きして,
行ってきました,鹿児島錦江湾。

夜半過ぎまで降っていた激しい雨もすっかりあがり,
現地に着く頃には青空が広がって,
海も穏やか,絶好のダイビング日和です。

セルフで潜るのは昨年の11月に引き続き2度目です。
ナビゲーションは問題ありません。

GWの坊津で水温14度を経験しただけに,
ちょっとは覚悟していましたが,
錦江湾は深場でも20度,浅場では24度と
ロクハンでちょうど心地よいです。

5月に潜るのは初めてなので,
定番キャスト陣の出具合はどうかな?
とちょっと気がかりでしたが,
そんな心配は無用でした。
オールキャスト絶好調でした。

紛れもなくサクランボウ

これは文句なしにサクランボウでしょう。
残念ながら浅場の透明度が極端に悪かったので,
多少画質に難ありですが,
タイミング的にはなかなかいい瞬間をとらえることが出来ました。

口ひげともみあげがつながったようなオスのこの風貌。
世の中のタイミング的にもタイムリーではないでしょうか。
西郷どんらと並んで維新の元勲と言われるあの方にそっくりです。
さすが鹿児島・錦江湾。
海の中でも薩摩藩士の気概が引き継がれています。

ちなみに「ごわす」って誰も使わんらしいでごわす。

2
Posted in ダイビング, 錦江湾(鹿児島)Comments Closed 

関連記事